和太鼓 真

昨日の日曜日。
京都造形大学の和太鼓 ”真”の 卒業公演を見にいった。

学生達で作りあげられている和太鼓のメンバー達

想像していたものよりはるかに上回る凄い迫力のチームだった。


ピーーーンと張り詰めた空間。。。

そこからはじまった和太鼓の共鳴。。

やばい!

鳥肌がたった。。

はじめの一曲を聴いたとたん 涙があふれ出てきた。。

 
学生達が今までやってきた情熱や努力

伝えようとしている熱い想いが見事に

太鼓をたたく 一発一発に込められていて

一つたりとも 魂がぬけている部分などなくて。。。


心が震えた。




最後の卒業公演とゆうこともあり

みんなと一つになり

和太鼓を力いっぱいたたきながらも

涙を流す学生達の姿に心を打たれた。。。


一つの事をやり遂げるとゆう事。

あきらめない。 とゆう事が

どれほど このメンバーの自信に繋がったんだろう



本当にいい公演を見させてもらった。

若者の引きこもりや自殺者も年々 増えている今。



日本もまだまだ捨てたもんじゃあない。と

勇気をいただいた。


そして この時代に母親として小さな息子を育てる役目をいただいた

事に とても自信と希望を持てた。

ありがとう

素晴らしい公演を。

本当に ありがとう。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM