道売りの唄 7

JUGEMテーマ:旅行

 
 ★注★ 
これは続編です 初めて読んでくれる方は このブログの中の”道売りの唄”の初回から
読んでくださいませ。。 



未樹さんのアトリエを後にした私達は 帰りの道中 とても不思議な体験をする事になる

そして ここまで北海道に滞在した期間 わずか5日間、 たった5日間の間に天と地が

ひっくり返るくらいの体験をしてしまった私は  なんとこの日から京都に帰るまでの

北海道滞在期間に心が全開になってしまったのである。


しかも 私だけではなく カラン、月子と同時に!!

これはどうゆう事かとゆうと  信じられないかもしれないけれど


”全部が見える状態” とゆう事。


例えば、 ある日 私達3人は夕食を食べに小樽にあるお店に入った。

と、、  3人同時に まるでテレパシーかのようにこの店が今どんな状況にあり

流行っているのか 流行っていないのか瞬時にして わかってしまう!

案の上 小樽のこの店は外見はとても華やかだったが 中に入ると従業員は

たくさん歩きまわっているのに 私達にはこの店に漂う色のようなものがどす黒く見えた。。
 
これは目に見える色なのではなく 感じる色の事である。


もっと細かく言うならば ある日 3人で札幌の町を歩いていると 

すれ違う人 すれ違う人の持っている”気”が わかってしまうのである!

例えば 向こうの方から歩いてくる人の ”怒り”  や  ”悲しみ” なんかの感情や

ある人は まるで天使のように軽く ピンク色のオーラを発しながら歩く人の

心地良い ”気” もわかってしまうのだ!!

しかも 私達3人同時に同じ事を!!

なんだあああああ この世界は?! 

やばい やばい、、!  見える 見えるよおおおおお!

どうしよおおおおお!!  と 半分パニックになりかけていると

なんと 目の前に ドカンと入ってきた文字は


” 見える?? ” とゆう吊り下げられた大きな看板が!!


それはまるで 私の心を読み上げられたような気分だった

(ちなみにこれはめがねやさんの看板だったが。。。)


この時 全て目に入るもの、文字や景色なんかも 全部は自分へのメッセージなんだよ。。

と話してくれた未樹さんの言葉を思いだしていた。



こんな状況を月子は怖がっていた。

カランは ”大丈夫 丹田だよ!” と励ましていた。


丹田とは 未樹さんから教わった言葉の一つで

へその下3寸くらいの場所にあり 体の”気”が一番 集まる場所だとゆう。。。

ここに意識を集中さえて呼吸をコントロールしていくと自意識も高まるとゆう話しだ。

私達は この魔法にかかったような ”まる見え世界の中”で 混乱しないように

常に自分の意識を丹田に集中させていた。



そのおかげであれほどの経験をしても

狂人にはならなかったのだから 感謝である。 



その時はあまりにも多くの出来事が起こり わからなかったが 

それから何年か経ったある日 わかった事ある。

自分が必要とした時 ただそこにあるものを 自分の本能あるいは魂がキャッチしにいくんだと

ゆう事を。。。

本にしろ 文字にしろ  自分自信が ”今” 必要だから目に入る。。

行きたいと感じる場所も そこに何かあるんだと 今の自分に必要だと魂が叫ぶから

行く。

魂の声を聞ける唯一の感情。

それは  ”直感” だと思う。

直感にしたがっていれば 必ず道は開ける。

直感を研ぎ澄ますこと。。

すなわち

魂を磨くこと。。




別れ際 未樹さんはこんな事を言ってくれた。。

” あなたに話した事は 私が 話しているんじゃあ ないんだよ。。  あなたの魂が話させて

いたんだよ。。”   と。。。




京都で何かが違うと感じていた日々。

北海道に行きたいと直感的に感じた事。


そして この10日間とゆう限られた時間の中で 気づかされる多くの出来事。

それは まるで 用意されていたかのような見事なタイミングで現れていた。。。


この北海道でのS氏との出会い、 そしてまた未樹さんとの出会い、 カランと月子とゆう

3人を通して理解できる事柄。

そんな中で少なからず私の中の”何か”は目覚めはじめていた。。。


そしてとうとう

この感じた事を絶対に無駄にしてはいけないのだとゆう 心の声が 

私を決心させた。


そう私は ”決めた”のだ 

もう”それ”は要らない

”私は ここに いる”  とゆう事を。

言葉で表現すると ただシンプルに  ”決めた”  の一言になるが


これは次元の問題で わかりやすくたとえて言うならテレビのチャンネルに例えるとしよう。。


北海道に行く前の 過去の私のテレビのチャンネルは 8チャンネル。

これはどんな番組かとゆうと、、

毎日 くだらない番組、 自分では何も造りあげる事が出来ないと思いこんでいる ネガティブな

番組。  いつも”人のせい”にして生きている番組。

きっと過去の私はそんなチャンネルをいつも選んでいたように思う。

そして 気づきを得た事でこの番組を変えると決めたんだ!


私はもう この番組は見ない! このチャンネルには絶対変えない!!

もう見る必要はないんだ!



そして 新しく変えたチャンネルは 6チャンネル。

これはどんな番組かとゆうと、、、

自分を自由に開放できる番組。

自由とゆう事は すなわち、全てにおいて自分で自分の責任をとる番組


そして”今 私はここにいる” と実感できる番組。

生きていることをリアルに感じられる人生にしよう!

そうして私は私自信の中にもう一段階 上の次元を選ぶと決めた。


そんな今まで考えたこともなかった思いがどんどんと沸き起こり

この思いを札幌にある丸山神宮とゆう神社の前で

両手を合わせ 決めたことを神様の前で宣言したのだった。

きっとこれは 自分に対しての宣言だったのだろう。。。


そして”決めた”その日を境に 私の人生は まるで導かれるように

どんどんと 素晴らしい人との出会いが始まるのである。


いよいよ北海道滞在最終日 カラン、月子と私はまた涙を流すことになり、、、

それがきっかけに新たなスタートの幕開けになっていったのだ!

                                   続く。。。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM