道売りの唄 8

JUGEMテーマ:旅行

 
 ★注★ 
これは続編です 初めて読んでくれる方は このブログの中の”道売りの唄”の初回から
読んでくださいませ。。 


北海道最終日。 色々な事があった10日間、そんな日々の間にも

魅了するものが北海道の食材だった。 京都で長年ケーキを作り続けたきた私にとって

この北海道で口にする乳製品の美味しさには惚れ込んでしまうものがあった。

どんなにシンプルなケーキでも美味しいのだ。 

この広々とした大地から作られる食材がよりいっそう味を際立たせるのだろう。。。

この10日間のあいだにいつしか私の中で北海道の素材を使いケーキを作りたい!

とゆう願望が生まれつつあった。

そしていよいよ北海道滞在最終日。

月子が面白い”虹”の個展がやってるらしいから見に行こうよ と言ってきた。

昔から虹が大好きな私は さっそくカランの運転する車に乗り込みその虹の個展へと向かった。

行ってみてあまりの美しさにびっくりするのだが、

なんと ふつうに撮ったであろう風景に必ず”虹”が出ているのである。

例えば太陽の周りに輝くような虹、 川の流れを写した時に現れた虹、 

森の中を写したときに現れたイルカの形をした虹、 風景の中に手まりのように現れた虹、

どれもこれも輝くような虹が出ていて写真なのに目がまぶしくなるくらい素晴らしく綺麗なのだ!

この写真を撮った女性が説明してくれたことにまたまた驚いた。

これらはデジカメで撮ったものでも 高画質のカメラで撮ったものでもなく

なんと使い捨てのインスタントカメラで撮ったそうだ。

そしてこの女性はプロのカメラマンでもない。

一つ違う点は写すときに必ず ”ありがとう” とゆう感謝の気持ちや平和の願いを込めて

シャッターを押すと必ずといっていいほど現像した写真の中に色々な形をした虹が現れるように

なったとゆう。。。

その場にたまたま居合わせた本職がプロのカメラマンとゆう男性も心から驚いているようだった

どんな角度からとってもこんなふうに虹は写せないとの事。


そんなたくさんの虹が何枚も何枚も飾られている中、私の心も幸せな気持ちでどんどんと

満たされていった。

その時 ふと思ったのだ。

”北海道に住もう” と。  そして思った瞬間口に出して言っていた。

”カラン、月子、 私 ここに住むわ” と。。。


時間がたつにつれ決心できた事の感動が波のように押し寄せてきて 私達3人は抱き合って

私の”決心” を喜んでいた。

その時だった。  突然一人の女性が話しかけてきた。

”あななた達の感動が私にも伝わってきました。 この話しを今のあなた達にも聞いて欲しと思った

ので話させてください”

と話し出したこの女性はどこか昔の日本、邪馬台国と呼ばれていた時代から抜け出してきたような

感じの人だった。

この女性は日本の民族でもあるアイヌ民族の文化がとても好きだとゆう。。

アイヌ民族は言葉をとても大切にする人たちだそうだ。

女性はいつかアイヌ語でもっとも尊いとされている言葉を知りたいと思いつづけていた

そんなある日、アイヌの長老に会いにいける機会ができた。

長老にあったら必ずその言葉を聞こうと思っていたが、その時すでに長く病床につかれいた長老は 

そんな状況にもかかわらず温かく迎え入れてくれて色んな話しをしてくださった。 

そんな姿に胸がいっぱいになり ”アイヌの尊い言葉を教えてくれだなんて聞くことはできない”

と思ったそうだ。

そしてそろそろ帰ろうかと立ち上がったときに 長老が一言  ”ヤイトパレ”

と言った。

この言葉こそ彼女がずっとききたかった言葉。

アイヌ語で尊いとされている言葉だったのだ

長老はその意味を教えてくれた。

ヤイトパレの ヤイは ”私”   トパレは  ”見守る” で

”自分を見守れ” これは自分を見守る事ができる人はいつでもどこでも何があっても大丈夫

という意味だそうだ。
  
そう、この長老は彼女が何が聞きたくて訪ねてきたのか最初からわかっていたのだ!

そして自分の大切な人にこの言葉を手渡しなさい。と言われたそうだ。

”アイヌの言葉とゆうのはこうやって大切に人から人へ手渡されてきたんだよ

だから 今 この言葉をあなた達3人に渡したい。

聞いてくれてありがとう。。。”

と女性は話してくれた。

”ヤイトパレ”  ”自分を見守れ”

その言葉が北海道へ行く気持ちをさらにかためてくれたのだった。。

                                            続く。。


関連する記事
コメント
ヤイトパレ

いつだったか私が国内を旅してたとき京都で会ったちえちゃんがノートに残してくれた言葉だよ。

ちえちゃんの作ってくれたバナナのパンケーキたべながら。

懐かしいわぁ。

いい言葉だね。改めて。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM