私の母

私の母。

なんだか今の気持ちをまとめたくなったので。
長くなるから時間ない人 スルーしてね

私の母は今から13年前 スピード出して走ってきた単車に
跳ね飛ばされるとゆう交通事故に会い

骨盤をグシャッと骨折。恥骨も骨折とゆうとても痛い体験をした

それまでは毎日バリバリ仕事をこなし
生き生きと働いていた母は

突然の出来事に 身体と心が分離してしまったかのように
身体は治ったのに 心がストップしてしまい
鬱になった。

事故から1年経ち。。 2年経っても笑顔の無い母。
生きる気力が全く伝わってこない変わり果てた母を
どうにかしたいと一心の想いで 心療内科から東洋医学まで
ありとあらゆるものを試しても立ち止まったままの母。

事故から3年後 私のお腹にひ〜君が来てくれて
母の孫になるひかりが産まれた

光の笑顔を見るたびに 硬い仮面に覆われていた母の顔が
みるみるほころび。。。

母の顔に笑顔が戻った
母の魂が再び身体に戻ってきたかのように
毎日の動きも おしゃべりもいつのまにか光のペースと
同じように 柔らかく戻ってきていた
あんなに大きな事故を起こしたとは思えないほど
自転車でならどこまでも元気に出かけてた母。

そんな母が。。

ここ最近
糖尿からの合併症で失明するかもとわかり
再び鬱になってしまった

笑顔の無い顔。
何を言っても無反応。
一言も話さず ひたすら苦しそうにしている
日々の生活、食事や掃除なども全くやらなくなった

はじめは正直。。

またか。。。 またあの壮絶な日々が戻ってくるのか。。
私はあなたの母ではない
あなたが私の母でしょ?
と。  

実家に戻っては母の世話を焼く時間を取られ

私の中になんとも整理がつかない怒りと悲しみが
ぐるぐるまわっていた。

そんな自分自身の葛藤と向き合いながら
今 私に出来ることをやり少しづつ母と向き合っていった

タイミングよくちょうど愉気を教えてもらったとこだったので
痛がる母の身体に愉気をしたり

母が好きなご飯を選び毎日作ったり。。

他愛もない事なんだけど
眠ってしまった母の魂にゆっくり寄り添うように。。

そうするうちに
私は。。。 私はとてつもない事に気づいてしまった

こうやって母を労わるうちの私の心は逆に癒されて
心の器が大きくやさしく包みこまれている感覚になってきていたのだ

13年前とは明らかに違う感覚。

あなたは私のお母さんなんやから! とゆう私の中にあった
大きな石のように決め付けた塊が

いつのまにか。。。

私があなたのお母さんになろう と。。

そしていつの間にか

あなたはわたし
わたしはあなたであるとゆう事が
毎日の中で 母を愛すれば愛するだけ
私の中が満たされていることにきづいていった

この気持ちを私が感じることが出来るように
母は今の現象を目の前で見せてくれているんだ。。。

13年前には気づく事のできなかった感覚

これがわかった時

私は涙がとめどもなく溢れ
声をあげて泣いていた

このギフトに心からありがとうと。

今日は真っ白になった母の白髪を染めた。
若返ったで〜♪ と話すと
少し元気が出て なんだかいつもより台所にいる時間が
増えていた母

そんな母を見ていると たまらなく幸せに満たされる。

私が満たされていると母もなんだか幸せそうだ

あなたはわたしであり
わたしはあなたです

きっと身体とゆう乗り物がなければ
もっとわかりやすいやろうに。。。

でもだからこそこの世は面白い。

読んでくれてありがとう

関連する記事
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM