僕の中にいるボク 私の中にいるワタシ

私の中にいる 小さなワタシは

ずっとずっと待っていた


ここに居るよって

その時に背負ってしまった傷を

何度も目の前の世界で繰り返し見ることで

 


小さなワタシは時には泣きながら 時には悲鳴をあげながら

それでもいつか 気付いてくれると

待っていた


 

ある日 そのことに気づいた私は

小さなワタシをそっと抱きしめて号泣した


 

ごめんね。

ずっと向き合えなくてごめんねって。

 


遠い昔に背負ってしまった傷に触れながら

小さなワタシを抱きしめた


 

相手のせいにして 周りのせいにして

生きてきた私に

小さなワタシはこう言った


 

”ワタシは私に愛されていたいんだと”


自分自身の内なる声 

ワタシやボクが呼ぶ声に耳を傾けた時

初めて違う世界の扉が開くのかもしれない


今日も一日ありがとう




関連する記事
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM