記憶

忘れていた何かを思い出してる


今 毎日のように色々な記憶がまるで眠りから覚めるかのように

思い出している

 


それは言葉にするともどかしいのだけれど 

懐かしくて

切なくて

けれど確実にあった記憶の一つ一つ

 

 


それは手で掴むようなものではないのだけれど

その記憶に触れると

泣きそうになるくらい 細胞が震えだし

ワタシとゆう 存在が響き始める

 


待っていたよと語りかけるその声に

それを信じたい自分と

信じていいのかと戸惑う自分がいる

 


途方もなく 目に見える世界が二極化している今

 


太陽と月があるように

昼と夜

男と女

闇と光

天と地があり

外の世界を見つめるワタシがいて

内の世界を見つめるワタシもいる

 


ちょうどいい真ん中は

ワタシのど真ん中にあるのかもしれないな

 


今 ここにいる地球は丸い星なのだから



関連する記事
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ご訪問ありがとうございます♪



きょうきのう

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

最新のコメント

プロフィール

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM